安全な製剤を使用する|施術を受ける前に把握しよう!ボトックス副作用【一過性の物】

施術を受ける前に把握しよう!ボトックス副作用【一過性の物】

サイトメニュー

安全な製剤を使用する

水着姿の女性

しわ取りや部分痩せに活用

ボトックス治療を受ける際の選び方の基準は、大きく分けて2つあります。1つ目は施術を受けるクリニック選びで、それによってボトックス副作用の出方が変わってきます。ボトックス副作用は重篤なものはなく、頭痛や内出血など時間によって解決できるものがほとんどです。内出血は、医師の注射の仕方がカギとなるため、ボトックス治療の症例数が多く、経験豊かな医師が在籍するクリニックを選ぶことで避けることができます。2つ目は使用するボトックス製剤を基準とすることです。ボトックス製剤はアメリカ製やフランス製、韓国製など様々な国で作られていますが、ボトックス副作用のリスクを少なくするには、厚生労働省で認可を受けたボトックス製剤を使用するのが賢明です。認可されていないボトックス製剤は費用も安く、それゆえボトックス治療の料金も安くなりますが、料金だけで選ぶのは禁物です。まずは安全性を第一に考え、いくつかの選択肢があったならば厚生労働省に認可されている安全性の高いものを選ぶようにしましょう。ボトックス治療を行う目的は、しわ取り、部分痩せ、わきがや多汗症の改善という3つの目的に分けられます。しわ取りは表情筋によってできるシワを改善できるため、眉間のしわや口周りのしわを無くすことに活用できます。部分痩せは、筋肉によって張っているふくらはぎや二の腕のほか、筋肉性のエラを小さくすることが可能で、美脚や小顔施術に活用することが可能です。わきがや多汗症の改善は、わきに注射すると神経伝達が阻害され汗をかかなくなるため、汗を止めることができます。臭いの原因となる汗をかかなくなるので、わきがを改善することができるのです。ボトックス副作用としては、注射した部分が内出血することがありますが、1週間ほどで改善します。気を付けなければいけないのは、施術を受けた後に入浴や運動、飲酒などで血流を促進した場合、ボトックス副作用の内出血が現れる可能性があることです。もちろん時間と共に解消されるので問題はありませんが、施術を受けた後はできるだけ血流を促進させないように、安静に過ごすのが良いでしょう。

Copyright© 2018 施術を受ける前に把握しよう!ボトックス副作用【一過性の物】 All Rights Reserved.