施術を受ける前に把握しよう!ボトックス副作用【一過性の物】

サイトメニュー

副作用がおきたら

顔に触れる女性

慌てず医師に相談しよう

ボトックスは、注射した時に若干の痛みや腫れそれに痒みといった症状が出る時があります。薬物や注射を使う以上は避けられない物ですが、あまりにひどい症状が出る時はアレルギーが原因のこともあるので担当医に相談して対処してもらいましょう。さらに注射後に頭痛を訴える方もいますが、ほとんどは一過性の物で危険性はありません。多くは効果が薄れるのと一緒に症状が落ち着いてくるはずですが、おさまらない時は他の原因の可能性も視野に入れて調べてもらうべきです。他にも、注射をした際に血管に針があたって内出血することもあります。内出血した後は時間とともに戻るので、慌てずに経過観察をしながら症状がおさまるのを待ってみてください。あとは注射した箇所が動かしづらくなったり、だるさを感じたりすることがボトックス副作用としてよく報告されています。それが重度になると、表情が喪失したりスポックブローで顔のバランスが崩れてしまったりすることも考えられます。基本的にボトックス副作用で重症化する物はありませんが、生活に支障をきたすようなら早めに執刀医に相談して問題をしてもらいましょう。神経伝達物質を抑制することで効果を出すボトックスは、注射する場所や量次第で効果が大幅に変わってしまいかねません。その上で患者の体質や皮膚の状態次第では、予想外の結果が出てしまうことも十分考えられます。薬品が体に合わないことでおこるアレルギーや執刀医が未熟な場合は別として、ボトックス副作用はある程度予想や予防が可能です。カウンセリングで問診や注射を打つ場所のチェックを入念に行うことで、問題が出そうなケースを発見することができる場合も多々あります。たとえば皮膚のたるみ具合が多い方や高齢者の方だと、術後にスポックブローがおこりがちです。また体質的にアレルギーがおきやすい方だと、注射後の痒みや赤みが長引く傾向もあるでしょう。カウンセリングでは、そこをあらかじめ予見して手術の際に配慮したり別の手術をすすめたりします。そんな事情があるため、治療を断られたり別の施術をすすめられたりしたからといって気分を害さないようにしましょう。とはいえボトックス副作用が出ても、時間が経てば元に戻る上に修正方法もあるので大丈夫です。いざとなったらそれで対処することを考慮に入れて、チャレンジするのもいいかもしれません。

注射

ボトックスの特徴

顔のシワは普通の方法では良い状態に変えるのが大変ですが、ボトックスならば短期間で治せるので対応できます。ボトックス副作用は起こりづらい問題ですけど、まれに発生するので手術後のケアがしっかりしている所を選ぶべきです。

水着姿の女性

安全な製剤を使用する

ボトックス治療を選ぶ基準は、ボトックス副作用のリスクを減らすために症例数の高いクリニックで受けることと、安全なボトックス製剤を使用することです。利用目的としては、しわ取りや部分痩せ、わきがや多汗症の改善などがあげられます。

注射

クリニック選びが大切です

ボトックスは注射だけで行える治療ですが、時にはボトックス副作用が起こることもあります。注射だけですので、大きな副作用はないとされていますが治療部位に痛みや腫れ、内出血が出やすくなります。症状は数日程度で回復することも多くなっています。

看護師

シワが目立つ時に便利

施術を受けるごとにボトックスの効果が長続きしやすくなるだけでなく、ボトックス副作用を気にせずに施術を依頼しやすいのも、ボトックスの人気が高い理由です。メイクでシワを隠す必要もなくなるので、メイクの手間を省けると評価されています。

顔に触れる女性

小顔になりたい人必見

傷や腫れなどのボトックス副作用が少ないボトックス注射は、痛みがないことでも知られ、美容外科初心者でも始めやすい施術と言えます。薬剤の種類や病院によって費用は異なりますが、しっかりと診察を行ってから施術内容を決めることが大切です。

Copyright© 2018 施術を受ける前に把握しよう!ボトックス副作用【一過性の物】 All Rights Reserved.